2017年4月11日 (火)

指導教員の紹介

指導教員は、願書に書けるので「T君先生」と指定した。

がくちょーに「情報セキュリティ分野だと誰がいい?」と聞いたら即答で「T君」だったし、授業でも担当していたので、妥当なセンなのでそう書いた。
二次試験のときも一番端でニコニコ具体的な質問をしてたので、てっきりT君先生だと思ってた。
「職場に許可は取ってあるの?」
とか聞くしさ。
まさか二次試験の真ん中に陣取って、
「卒論は書いたことあるの?」
願書に卒論のテーマは書きました。
「学会の論文投稿はしたことあるの?」
すでに10本以上書いているって願書に。
と、願書に書き並べたことをガン無視していろいろ聞いてくるちさちゃん(声、話し方の勢いがバイオリニストの高嶋ちさ子に似ているから)が指導教員になるとは思いもよりませんでした。
私にいろいろ聞く前に大学院の研究テーマにしたものと同じテーマの論文、読んでもらえないだろうか?一読でいいから。
それとも、いろいろ聞いて何かを引き出そうとしてるのかしら。

てなわけで、指導教員、たかちゃんから来るメールをオブラートに包んでぼやっと晒すカテゴリです。じかにやりとりしたことも含めてぼやぼやと書き並べます。
忘れないようにね。

入学できました

大学院に入学できました。

去年、一次、二次試験と受けて合格しました。

さて。どんなになりますかねー。

2011年2月22日 (火)

来学期科目登録

ドイツ語Ⅱを落としてしまったので(いいわけは風邪)、来学期はドイツ語Ⅱの再試験だ。

となると、来学期の科目はそれを差引いた数を登録しなければいけない。

なので、4つ。

「健康と社会」これは基礎科目でもあり、一応、医療系の話は前の世紀から関わっているので、限りなく満点を目指す。

「社会心理学の基礎」むずかしいらしい。

「心理統計法」計量心理学が無くなって初めてのものらしい。統計はずっとやってきたし、これを納めると認定心理士のB領域はクリアなので、取っておく。

「現代の国際政治」記述式の試験でむずいらしいが、がんばる。

2011年2月14日 (月)

試験落ちたかも?

次の授業を登録しようと思うのだけれど、2学期の分の試験がNGだと、次の試験のタイミングで再試験になる。

なんで、基本的に今学期の合否で次の授業を決めないと、同じ時間に2つの試験は受けられないので、1つつぶすことになってしまう。

この前の試験は1つ目は初めての記述試験で、わかっているはずでも400字を埋めるのが結構大変だった。同じことは大事だから2回言うね・・ってわけにもいかず、同じ内容を言葉を換えて書くなんてバカなこともした。

2つ目の試験はよぉーーーーーく分かっていて、何回も類似問題を解いて、簡単に解けるものだと思っていたのだが、3問目にして、何回やっても計算があわない問題に出くわした。最後は電卓まで疑って検算しているうちに、時間がどんどんなくなって、残りのマークシートの欄をあてずっぽに埋めてしまった。生まれて初めて、試験中に頭が真っ白になる経験をした。

3つ目は落ち着きを取り戻して、なんとか、多分、全問クリア。

4つ目はあれ?????後で見返すと、やっぱり変???でも怖いから見直すのやーめた。5つ目はいけてるんじゃーない??

と。まぁ、自信と不安と絶望のない交ぜ状態。

まー。終わったものはどれだけ言っても仕方ないんで、次を考えるのだけど、これだけ落としただろーーって考えるとついつい、守りの姿勢になってしまう。

5科目づつ取っていたけれど、腰が引けて4つにしようかなー。しかも、楽勝(仕事でやってるから)分野で埋めちゃおうか。なんて考えてしまう。

そんなときに先達はすばらしい。

あちこちで見聞きした結果、システムWAKABAの裏技で合否が分かるというのを知った。

やってみた。どうも合格らしい。絶対落としたと思ったのに。3つは今年で無くなる科目なので調べようがないが。どうしよう?やっぱり強気で5科目に戻そうか?

それとも合否発表の16日を待つか?

2010年9月26日 (日)

国勢調査

国勢調査が届きました。

教育の欄に在学中とマークします。

おほほほ・・・、在学中って何年ぶりだろうか。

一応、書き方の手引きにも大学、大学院・・・と続いて、「放送大学」の文字がちゃんと載っていたし。

なんかうれしい。5年後の調査にも同じマークをするんだろう。

2010年9月22日 (水)

語学が一番先に目処が立った

全科履修生なので、124単位取得が卒業必須条件です。

あー、大変とも思いますが、逆に言えば、最大10年間の間に124単位だけ取れば良いのだから、1年間で12、1学期で6・7単位取ればめでたく卒業です。

10年間、学びの場を提供されたのだから、いろいろやってみようと思っていました。

語学は6単位取得が卒業条件です。

6しかないんです。

ドイツ語はⅡまでしか無い(^^;仕方がないのでドイツ語会話の面接授業を取ってみました。

アラビア語も興味があるので、取るとすると7単位です。

語学の選択はすぐに決まってしまいました。

2010年9月21日 (火)

初年度1学期選択科目

「心理と教育」を選択して、目下の目標は「認定心理士」32科目受講です。

でも、もともと社会制度とか宗教とかに興味があるので、他にも色々、目についたら取るようにしています。

だから、本来の「心理と教育」科目以外にいろいろと浮気しまくりです。

一学期に選択した科目は

「教育と心理の巨人たち」

「こころとからだ」

「心理学入門」

「身近な統計」

「ドイツ語入門Ⅰ」

です。

面接授業は

「はじめてのドイツ語:会話編」

「利用者のための医療制度」

でした。

最初に所属のセンターで「社会人なら、せいぜい5・6科目が限度です」と言われたので、限度といわれるところまでやってみました。

やってみて、本当にこれが限度かなー。ってのが実感です。

幸いなことにどの科目もわかりやすく、あまり躓くことはありませんでした。

2010年4月から授業を開始

しておりました。

ブログを開設したきっかけは、「どぉーせネット上にころがっているだろう」と楽観していた情報が案外ないことです。

あと、本当は面接授業のときに「ともだち○こ!」と叫び、周囲の人とアドレス交換しまくれば良かったんですが、どーもそういう勇気もなく。

じゃ、先達の貴重な体験や、同志の情報交換もできそうもなく。

ネット上にころがっていなきゃ、ころがそうってわけでやり始めました。

ま、初心者なんでおてやわらかに。生暖かく見守っていただければ幸甚にございます。